このメニューではキャッシング枠についてお届けしています。

キャッシングで急な出費に対応


キャッシングで急な出費に対応
クレジットカードを維持するためには年会費が基本必要となりますが、最近では年会費無料も多くなっています。
しかしより充実したサービスと特典を望んでいるのでしたら年会費の発生するクレジットカードが便利でお得なのです。 急にお葬式が入ったり、デートの予定が入った時にキャッシングをすることで対応することが出来るでしょう。
現在でもまだ現金支払いのみしか対応していない店舗も多くあるので、クレジットカードのキャッシンは非常に便利な存在と言えるでしょう。

皆様も一度は「クレジットカード現金化」という看板や表記を見たことがあるのではないでしょうか?
そのようなサービスはクレジットカードの利用規約に違反する場合もあるのでご注意ください。クレジットカードに付帯されているキャッシング機能を使用することで急な出費に対応することが出来ます。
給料日前などでちょっとしたピンチの時にクレジットカードのキャッシングは大変役立つことでしょう。




キャッシングで急な出費に対応ブログ:01月13日

人は「習慣」の生き物であることが、
最近の脳科学の研究でも解明されているそうですが、
皆様、ご存知でしたか?

おれたちの体は、ある事象を一度体験してしまうと
それが「当たり前」になり、
それを繰り返していくうちに、習慣となり
「やらないと気が済まない」ようになるのだそうです。

しかも、
「悪い習慣」ほど人間の本能的な快楽に近いので、
習慣化しやすいのだとか…

この「習慣」を「食べること」と結びつけるとどうなるか?

例えば…
コンソメ味のポテチを食べに行った時、食後のスイーツとして、
チーズケーキやアイスを食べて
脳がその時の状態を「美味しい」「幸せ」と認識してしまうと、
「食後にはスイーツ」
という「習慣」ができてしまうわけです。

そして、
何度も食後にスイーツを食べる習慣ができてしまうと、
今度は「食後にスイーツを食べないと不幸」
という認識になってしまうんですね!

同じように
「18時になったらお菓子を食べる」
「寝る前にお菓子をつまむ」
「深夜番組を見る時にはお菓子が手放せない」
というのも、
最初は父親と一緒の時とか
ホンのちょっとしたきっかけで始めたことが
習慣化された結果です。

こんな習慣は、
減量にとって、大敵としかいいようがないですよね。

しかも
脳は一度「快感」と感じたことは
繰り返し求めるんだそうです!

脳のこんな癖に気付かずに、
この「快感」に溺れてしまうと、
やめることが難しくなってしまうんです。

ですから、
習慣化する前に、
「悪い習慣」はやめる、
もしくは「最初からやらない」ようにしましょう。

「最初からやらない」ことが最もラクな方法だと、
おれは思うんですが…

今日はおしまい!!!
キャッシングで急な出費に対応

キャッシングで急な出費に対応

★メニュー

在籍確認が審査時には行われる
クレジットカードヒストリーは注意をしておきたい
お得なドライバー向けのクレジットカード
賢くマイルやポイントを貯める
地域密着型のおすすめクレジットカード
楽天カードのワンランク上のクレジットカード
クレジットカードを持つことの魅力
キャッシングで急な出費に対応
クレジットカードには様々な保険が付帯されている
ポイントを永久的に貯めることが可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これがお得過ぎる便利なクレジットカードだ!